スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本の電子化のこと

二十数年生きていると、モノが増えてきて部屋が圧迫されてしまいます。
捨てればいい話なんですけど、なかなかそうは行かないタイプの人間なんです。

まぁでも精神的にも作業効率的にも良くない部屋に住んでいるのは自覚しているので、いい加減本を処分しようと思いました。
で、前述の捨てられない病の対策として、電子書籍化、いわゆる自炊をやっています。
今日一日やってみたんですが、ある程度はあきらめないといけない点がいくつかあります。
ドキュメントスキャナーの仕様上、紙粉だとかゴミだとかがスキャナ上に乗っかると、白いラインがデータに入ったりします。
カラーページとモノクロページが混在してるから、自動判別でやってくれ~って設定すると、本の日焼けをカラーと認識したりします。
他にもモノクロページを、きまぐれでグレーとモノクロ2値混在にするため、読んでいると全然見栄えが違うページが混じります。
うーむって感じなんですが、紙の本を自炊するって言うのはそんなもんかなって思っています。

ヘンな点を見つけたらスキャンしなおすって言うのはとんでもない手間と時間がかかるため、やってられんわって感じです。
こりゃもうテキトーに、読めりゃいいやって気分で行くしかない。
本来の目的の、部屋のスペース確保は完遂しているのだから良いかなって思います。

今週いっぱい使って部屋をさっぱりしていきたいなと。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。