FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌ったりアナログゲームした

CF0_FieVIAEYjK3.jpg
カラオケで友達と集まってボドゲ会をやったよ。

「待魂」ションテンがりあー
同人作家が〆切を延ばすゲーム。
ちょっと縁があって買ったのですけど、勝利点的なゲームは実は初めて購入しまして、これがなかなか面白い感じでした。
言い訳カードを作家カードにどんどん装備していくビジュアルのアイデアがとても良いし、ゲームと物語が絶妙にマッチングしていて、ゲームにのめりこめます。
ゲーム性は、作家それぞれに固有のスキルがあるのと、追加要素のエンドカードもちょっとしたスパイスになってて、何度か繰り返して遊びたい気持ちになります。
慣れてきて立ち回りなどがわかっちゃうとゲームバランスで気になる点も出るかもですが、とりあえず3回やった感じでは
まだまだやり足りない感じです。
http://tension-up.pupu.jp/
http://gamemarket.jp/game/%E5%BE%85%E9%AD%82-machi-spirits/

「あてずっぽ殺人事件」TAGAMIGAMES
これ、ちょっと前に気になってた犯人当てゲームです。
僕は結構犯人を当てて勝てるんですが、いまいち達成感に欠けるような感じがします。
ただ、大人数でプレイするとより一層面白いそうなので、それを経験する必要があるかと思っています。

「ライツ」オインクゲームズ
説明書からルールを把握するのにやや手間取りましたが、理解してみればシンプルで絶妙な感じ。
も案外さらっと1ゲームが終わるので、何度かやってる内に面白さがわかってきます。
やや運の要素が強いような気もするのですが、プレイ人数が多くなればまた変わりそうな感じがします。
5回くらいやりましたが、僕が勝った記憶が無いです。

他には「ごきぶりポーカー」「ちるのい」「とうほうの」などをやりました。
「とうほうの」は相変わらず豪快で面白いのですが、どうやら3年ほど前にバランス調整版のリメイク品が発売されていたようです。
http://cytokine-web.com/TOD/
まーー、これが欲しくてですね。
絶版なので、どっかでどうにかして、いつか、なんやかんやで買う必要がある。
スポンサーサイト

本の電子化のこと

二十数年生きていると、モノが増えてきて部屋が圧迫されてしまいます。
捨てればいい話なんですけど、なかなかそうは行かないタイプの人間なんです。

まぁでも精神的にも作業効率的にも良くない部屋に住んでいるのは自覚しているので、いい加減本を処分しようと思いました。
で、前述の捨てられない病の対策として、電子書籍化、いわゆる自炊をやっています。
今日一日やってみたんですが、ある程度はあきらめないといけない点がいくつかあります。
ドキュメントスキャナーの仕様上、紙粉だとかゴミだとかがスキャナ上に乗っかると、白いラインがデータに入ったりします。
カラーページとモノクロページが混在してるから、自動判別でやってくれ~って設定すると、本の日焼けをカラーと認識したりします。
他にもモノクロページを、きまぐれでグレーとモノクロ2値混在にするため、読んでいると全然見栄えが違うページが混じります。
うーむって感じなんですが、紙の本を自炊するって言うのはそんなもんかなって思っています。

ヘンな点を見つけたらスキャンしなおすって言うのはとんでもない手間と時間がかかるため、やってられんわって感じです。
こりゃもうテキトーに、読めりゃいいやって気分で行くしかない。
本来の目的の、部屋のスペース確保は完遂しているのだから良いかなって思います。

今週いっぱい使って部屋をさっぱりしていきたいなと。

劣等感について

人間はやはり富や名声を欲しがるもので、有名になりたいだとか、色々な欲求が誰しもあると思います。
その裏返しとして、他の人がチヤホヤされたりすると嫉妬心が生まれます。
最近は同年代の方々も仕事や作家活動などで色々と活躍をしていて、自分ももっとこうありたいだとか、焦りがちです。
焦燥感や競争心によって自分の歩が進んでいけば良いのですが、嫉妬はやっぱりネガティブな感情でして、失望感とか無気力状態に陥ったりもするもの。
そうなるとパワーなくなっちゃうので、良くないよね。

自分も何をどうすればいいのかなと思うのですが。うーむ。
やはり、淡々と自分の出来ることや出来ないことをやっていくしかないのかなと思います。
自分の持っているものに自信を持って、それを伸ばしていきましょう。
そんでもって、色々手を出してみよう。などなど。

うーん。わかんなくなってきた。
とりあえず僕は僕で、今抱えてることを精一杯やっていこうと思います。
それらはヒミツです。
だって、それが皆にとって羨ましいことなら、嫉妬を売ってしまうでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。